VS Code の「PHP Intelephense」でWordPress関数が「利用できるクイックフィックスはありません」と表示される時の解決方法

エディタでコーディング中、WordPress関数リファレンスが表示されない時VS Code編 WEB全般
VScodeの画面・「PHP Intelephense」をインストールしている「VS Code」でphpを開いたら 「利用できるクイックフィックスはありません」と表示される。
・WordPressの関数に赤い波線が付いて邪魔。

エディタ「Visual Studio Code」を新規インストールした後、phpのソースコードを書く時に必須になる拡張機能をインストールしました。

ところが、「PHP Intelephense」をインストール直後の状態だとWordPress関数のリファレンスが自動で出なかったので、出るように直す方法を調べてやってみました。

【この記事のまとめ】
「PHP Intelephense」の設定に「wordpress」と追記することで簡単に直りました
スポンサーリンク

「Visual Studio Code」に拡張機能「PHP Intelephense」を入れていると、WordPress関係の関数リファレンスが出ない

拡張機能「PHP Intelephense」をインストールした直後

VScodeの画面

例としてadd_actionの画像を貼っておきます。
「利用できるクイックフィックスはありません」となって、定義されていない関数の扱いになっています。

「PHP Intelephense」をインストールすると、この赤い波線とエラー表示が出るようです。

「PHP Intelephense」の設定を修正する

「PHP Intelephense」設定画面を出す方法

1、VSCodeの左のメニューアイコンでブロックの形の所(1)をクリックして拡張機能の一覧を出します。

2、検索窓にphpと入れて待つと一覧がリロードされるので、インストールした「PHP Intelephense」の歯車アイコン(2)をクリックします。

「PHP Intelephense」設定画面を出す方法

3、「拡張機能の設定(3)」をクリックします。

「PHP Intelephense」設定画面

4、「Intelephenese: Stubs」という項目を探します。

「PHP Intelephense」設定画面

5、項目の最後にある「項目の追加」ボタンをクリックします。

「PHP Intelephense」設定画面

6、「wordpress」とすべて半角小文字で入力してOKをクリックします。

これで設定は終了です。

「PHP Intelephense」の設定を修正した後

「PHP Intelephense」設定を修正した後の画面

「add_action」の関数名の所にマウスカーソルを置いてちょっと待つと、無事にリファレンスが表示されるようになりました。


まとめ

「PHP Intelephense」の設定に「wordpress」と追記することで簡単に直りました

Makoto

リアル坊主。
普段はお寺にいます。

筋肉体操に影響を受けて40才代で筋トレ始めました。

Makotoをフォローする
WEB全般 wordpress 環境設定
スポンサーリンク
Makotoをフォローする
Bonz-net | WEBサイトはどう世の中の役に立つか?と考えてみるサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました